2021.06.08

笹生優花と畑岡奈紗、全米女子OP4日間のコメントでわかるそれぞれの心模様

  • text by Sportiva
  • 武川玲子●協力 cooperation by Takekawa Reiko

 女子海外メジャーの全米女子オープン(6月3日~6日/カリフォルニア州)は、通算4アンダーで並んだ笹生優花と畑岡奈紗による、史上初の日本勢同士によるプレーオフへ突入。9番と18番での2ホールによる戦い(ストロークプレー)では決着がつかず、サドンデスとなった3ホール目に笹生がバーディーを奪って、初のメジャー優勝を飾った。

全米女子オープンを制した笹生優花。photo by Getty Images全米女子オープンを制した笹生優花。photo by Getty Images この記事に関連する写真を見る  世界中の女子プロにとって、最大目標となる全米女子オープン。その大舞台で歴史的な戦いを繰り広げた笹生と畑岡は、ともに大会前から状態はよさそうだった。難コースでのプレーに対して、前向きに語っていた。

「風が強いし、ラフも長いですし、フェアウェーもかなり狭いので、やっぱり難しい。コースの傾斜もきつくて、こういうゴルフ場でプレーするのは初めて。でも、全米女子オープンに出られるというだけで、すごくうれしい。いい経験になるとか、(自身が)楽しむことに気持ちがいっている。

 結果を出したいという気持ちは、誰にでもあると思う。それは自分も同じ。でも、そこにはあまりこだわっていない。結果を出すためには今、何をしなければいけないのか。いつものことですけど、まずはそこに集中したい」(笹生)

「(コースについては)ティーショットをカーペットに打っていくような、それぐらい(フェアウェーが)細い印象。でも、ラフに外してしまうと、すごくラフが絡まってしまうので、フェアウェーに運ぶことが一番のポイントになるかな、と思います。また、横風のほうが多いので、そういう風をうまく使った攻め方だったりをしていきたい。

 練習ラウンドはよかった? そうですね。だいぶイメージどおりのボールが打てるようになってきました。今日ぐらいの調子なら、たぶん上に行けると思う。この状態を崩さないようにしていきたい」(畑岡)