2021.05.27

稲見萌寧が急浮上で渋野日向子、古江彩佳と三つ巴。女子ゴルフの五輪代表争いへ三者三様の思い

  • 柳川悠二●取材・文 text by Yanagawa Yuji
  • photo by Getty Images

 14位、畑岡奈紗(22歳)。
 22位、稲見萌寧(21歳)。
 26位、古江彩佳(21歳)。
 そして、29位に渋野日向子(22歳)。

 これは、5月25日付けの世界ランキング上位に名を連ねる日本人女子ゴルファーであり、およそ1カ月後の6月28日付けの世界ランキング上位2名が東京五輪の代表枠「2」をつかみ取ることになる(※15位以内に複数の日本人選手が入れば、出場人数は最大4名には増す)。

 畑岡は「当確」として、熾烈なのは2枠目の代表争いだ。ここに来て急浮上してきたのが、先の中京テレビ・ブリヂストンレディスで今年5勝目(2020-2021シーズン6勝目)を挙げた稲見である。

中京テレビ・ブリヂストンレディスを制し、ツアー通算7勝目を飾った稲見萌寧中京テレビ・ブリヂストンレディスを制し、ツアー通算7勝目を飾った稲見萌寧  1998年度生まれの黄金世代と、2000年度に生まれたミレニアム世代の"谷間"となる1999年に生まれた稲見は、中京テレビ・ブリヂストンレディスの優勝で、世界ランキングが前週の31位から22位にジャンプアップした。かねてから「目標」と公言していた東京五輪出場が手に届く位置にまでたどり着いた心境をこう明かした。

「出場したい気持ちはありますけど、そこがゴールというわけではなく、目の前の一試合一試合を大切にして、その結果、ランキングを上げて出場できたら『ラッキーだな』と思ってプレーしたい。

 五輪に出るということは、日の丸を背負って、戦うということ。数少ない人しか出られない試合だと思っていますし、出場できたら自分にとっていい名誉だと思う。

 私にとって金メダリストというと、吉田沙保里さん。ここ一番でしっかり結果を出せる人が本当に強い人だと思う。(ゴルフでたとえるなら)ここ一番で決められる選手のことだと思います」