2020.12.24

【木村和久連載】コロナ禍のゴルフマーケット。来年はどうなるのか?

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第286回

 年末は、今年のことを反省し、未来のことを予測するのにいい時期です。せっかくなので、今後のゴルフマーケットについて、新型コロナウイルスの影響や、東京オリンピック開催なども踏まえて、考えてみたいと思います。

(1)ゴルフと新型コロナウイルスの関係性
 新型コロナウイルスの感染拡大が騒がれ始めた今年の3月、4月あたりは、ゴルフが目の敵にされていました。そして、緊急事態宣言が発令された4月以降には、テレビのワイドショーなどで、休業要請の対象外となったゴルフ場や屋外ゴルフ練習場に対する作為的な絵作りが行なわれていたみたいです。

 屋外練習場で黙々と打ち込んでいるお客さんたちを、わざと10人ぐらいが重なるように撮影し、「『ステイホーム』が叫ばれているこの時期、密になって練習しています」とレポートしていた......って、無理やりやん。

 誰も喋っていなし、距離も離れているし、問題なかったと思うんですが。おそらくこうしたニュースを制作した人は、それだけゴルフが憎かったのかも......。

 冷静に考えれば、ゴルフは外でプレーするし、最大4人だし、レストランで騒がない限り、新型コロナウイルスには感染しづらいスポーツです。しかも、花粉症でマスク慣れしている人も多く、マスクを装着してのプレーにもさほど抵抗がありません。

 それなのに、俳優の石田純一さんが新型コロナウイルスに感染したあたりから、女性を連れ立ってゴルフをする姿がチャラチャラしているように見えたのか、あたかもゴルフが原因だったかのように(※実際のところは、ゴルフ後の会食が原因と言われている)、ゴルフに対して猛烈なバッシングが起きました。

 本人は奥さんから十分にお灸を据えられて、すっかり懲りています。そもそも、鼻から酸素チューブを入れて大変な状況を経験していますから、もうそっとしておいてあげましょう。

 石田さんの行動によって、ゴルフをしたあとに派手な2次会をやれば、新型コロナウイルスに感染しやすくなることが証明されました。貴重な情報を提供したという点では、ある種の社会貢献をしたと言えるかもしれません。