2020.12.23

諸見里しのぶ「仲は悪かったかな…」。ライバルを称賛も当時の思いを語る

  • 金明昱●取材・文 text by Kim Myung-Wook
  • 木鋪虎雄●撮影 photo by Kishiku Torao

 ツアー通算9勝の諸見里しのぶが、ツアープロとして第一線を退いてから1年。最近ではテレビ解説やラウンドリポーターなどメディアで見かけることが多くなった。ただ完全に引退したわけではないため、推薦されればトーナメントへの出場の可能性も残している。しのぎを削るツアープロから離れ、ゴルフを違った角度から見つめなおした諸見里は今どのようにゴルフを見ているのか、話を聞いた。

諸見里しのぶも出演! ゴルフ情報ウェブマガジン「Good Golf Life」>>

解説だけでなくコースセッティングにも挑戦した諸見里しのぶ解説だけでなくコースセッティングにも挑戦した諸見里しのぶ

――まずは2020年の女子ゴルフ界を振り返って、どのような1年でしたでしょうか?

 本当に今年はあっという間に終わったなという1年でした。私も一線を退いてからは、活動の幅を広げようとワクワクしていた中でのコロナ禍......。3月のダイキンオーキッドレディスに推薦で出場予定だったのですが、直前で中止になり、それが衝撃でした。長年ゴルフをやっていますが、まさか試合ができなくなるとは思っていなかったので。それでも女子ツアーは14試合開催できたのはすごく良かった。選手たちは調整が大変な1年だったと思います。

――昨年、ツアーの第一線から退きましたが、諸見里さん自身はどのような活動をされましたか?

 ゴルフの練習もしていたのですが、今年からコースセッティング委員も務めました。3月下旬から先輩について研修をしていました。内容はトーナメント開催コースの下見とその準備です。

――具体的にはどのようなことを学ぶのでしょうか?

 芝生の育ち方を学んだり、試合をするコースで実際にカップの位置を決めたりもしました。そのための打ち合わせも入念に行ない、グリーンキーパーやゴルフ場の管理者とラフの長さやグリーンの硬さを話したり、大会関係者と情報共有もしました。一つのトーナメントを開催するために、多くの人が携わっていることに驚きました。