2020.10.29

【木村和久連載】目標はエージシュート?
晩年のゴルフ人生を考える

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第278回

 みなさん、エージシュートをご存知ですか?

 自分の年齢以下のスコアをマークすることで、アマチュアゴルフ界では、大いなる誉れとされています。

 アマチュアゴルフの世界では「三大偉業」と言われるものがあって、そのひとつが「エージシュート」で、あとふたつは「クラブチャンピオンになること」と「ホールインワンをすること」です。

 その中で、ホールインワンは偶然の賜物なので、実力はさほど関係ありません。単なるラッキーと言えば、それまで。

 逆に、クラブチャンピオンは1000人以上いる倶楽部メンバーの頂点ですから、100%実力の世界です。アベレージゴルファーのアマチュアの実力から見れば、ほぼ実現不可能なんですよね。

 ですが、同じ実力の世界でも、エージシュートは健康な体で長生きをして、ゴルフを真剣に取り組んでいれば、85歳ぐらいで達成できるのではないか? そう思えてなりません。つまり、健康長寿で、ゴルフを毎週やっているような人であれば、十分に達成可能です。

 現在、日本人男性の平均寿命が81歳くらい。健康寿命は約72歳と言われています。

 健康寿命というのは、文字どおり健康体でいられる年齢のことを指します。ゴルフは歩きですから、少々無理をすればできると思いますが、肩や肘、足腰を痛めていると、かなり厳しいです。そのうえ、運動神経のほか、握力、視力、記憶力、判断能力など、さまざまな点がクリアできていないと、ラウンドはできません。

 ゆえに、72歳以上でゴルフができて、小遣いも少々ある。もうその段階で、「人生勝ち組」と言って差し支えないでしょう。あくまでも平均値ではありますが、72歳になった男性の多くが、足腰が立たなくなって、故障をしてしまうというわけですから。

 ただこのデータ、にわかに信じられない気もしませんか?