2020.10.30

渋野日向子のリベンジが始まる。
「予想外だった」米挑戦への膨らむ思い

  • 柳川悠二●取材・文 text by Yanagawa Yuji
  • photo by Kyodo News

 およそ4カ月に及んだイギリス・アメリカ遠征を終え、2週間の自主隔離期間を充電期間に充てた渋野日向子が、ようやく国内ツアーに帰ってくる。

国内ツアーに復帰する渋野日向子 予選落ちに終わった今季開幕戦以来となる復帰の舞台は、樋口久子 三菱電機レディス(10月30日〜11月1日/埼玉県・武蔵丘GC)。開幕の前日、リモート会見に臨んだ渋野は、開口一番、シブコスマイルを弾けさせた。

「会う人、会う人が『おかえり』と言ってくれて。まず、日本語を聞けるのがうれしかった(笑)。(日本ツアーは)今年2試合目で、練習ラウンドからアメリカよりも緊張しています。

 まだ日本で予選通過ができていないので、まずはそれが達成できるように。アメリカで吸収してきたことを取り入れつつ、日本ならではの、攻めのプレーやマネジメントを考えつつ、積極的なプレーができるようにしたい」

 リンクスコースに弾き返されたイギリスの2試合(スコットランド女子オープン、全英女子オープン。いずれも予選落ち)、世界のレベルを肌で感じたアメリカでの4試合(最高順位は24位タイ)の結果は、渋野にとってプロ入り後初めて訪れた試練だったのかもしれない。

「ゴルフの全部が欠けていた。そのなかでも、2m以内のパターをかなり外してしまって、何度も損していました。そういう距離の読みが合ってくれば、入る確率も高くなると思う。この距離を決められたら『何打も縮められるのに』とは何度も思いましたね。

 メンタル的にはイギリスが一番つらくて、(新型コロナウイルス感染拡大防止のため)ゴルフ場とホテルにしか滞在できなかった。外に出ることができず、息抜きをする時間がまったくなかったので、メンタルやられていたんですけど、アメリカではスーパーとかも行けて、料理もできて、リフレッシュはできていたと思います」