2020.08.13

【木村和久連載】センスある若者に、
オヤジのゴルフは対抗できるのか

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

◆今季注目のプレーヤー10名の「武器」>>

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第268回

 我々"マニュアル世代"のオジさんは、デートの前日となれば、枕を抱いてキスの練習をしていました......って、ホンマかいな。

 たしかに昔は、デートのマニュアル本がたくさんありました。おおよそ、そうした本にはこんなことが記されていました。何時にどこぞのレストランで食事をして、それから夜景のきれいなバーでお酒を飲んで、いい感じになったところで彼女のほっぺに軽くキスをして、ホテルのキーを見せる......って、すでに予約してあるのかよぉ~。

 とまあ、突っ込みどころ満載のデートマニュアル本なのですが、昨今のゴルフ雑誌のレッスン記事もマニュアル化していて、それを見て練習して、本当にうまくなれるのだろうか? と甚だ疑問に思っています。

 そもそも3次元のゴルフの立体的な運動を、文字と写真で解説されても、それを理解するのが難しいです。だって、我々多くのアマチュアゴルファーは、レッスンの先生が目の前で教えてくれても、実践できないことが多いのですから。記事を読んで、その技術を身につけるなんて、至難の業です。

 以前、ゴルフ雑誌のレッスン記事の、熱心な読者に取材したことがあるのですが、みなさん、シングルクラスのオジさんばかりでした。つまり、すでに技術も知識も経験も豊富な人たちだから、雑誌のレッスン記事からでも「一を聞いて十を知ること」ができるんですな。

 じゃあ、最近の若者世代は、どんな感じなのでしょうか?

 先日、話題の「黄金世代」に続く、「プラチナ世代」の若手女子プロゴルファーを取材したライターさんに話を聞いたのですが、彼女たちには、オジさん世代のゴルフの表現があまり通用しないそうです。