2020.08.14

黄金vsプラチナ、輝くのはどっち?
女子ゴルフ界の熱い「世代間抗争」

  • 柳川悠二●取材・文 text by Yanagawa Yuji
  • photo by Getty Images

◆安田祐香「厳選フォトギャラリー」>>

 次週の海外メジャー、AIG全英女子オープン連覇を目指している渋野日向子は不在。だが昨季、雨後の筍のように"新星"が現れては優勝を飾っていった1998年度生まれの「黄金世代」と、これからの台頭が期待される2000年度生まれの「プラチナ世代」――両世代の"対立構図"に視点を当ててみれば、今季2戦目の女子ツアー、NEC軽井沢72(8月14日〜16日/長野県・軽井沢72ゴルフ 北コース)への興味は高まる一方だ。

今季ツアーの2戦目、NEC軽井沢72に挑む安田祐香 ルーキーイヤーを迎えた「プラチナ世代」の注目株としては、今季の開幕戦となった6月のアース・モンダミンカップでプロデビューを飾った安田祐香の名前が真っ先に挙がる。今大会をNEC所属のホステスプロとして迎える安田は、アマチュアとして出場した昨年大会もベストアマに輝き、コースとの相性はいい。

「まずはすごく暑いので、熱中症にならないように、水分補給をしっかりと。食事では量を食べることを意識していますね。試合はバーディー合戦になると思うので、ボギーを打たないプレーを心がけて、一球一球を丁寧に、フェアウェーからしっかりバーディーチャンスを作れるゴルフをしたい」(安田)

 安田同様に開幕戦で国内プロデビューを飾った吉田優利や西村優菜、昨年の富士通レディースで史上7人目のアマチュア優勝を遂げた古江彩佳ら、「プラチナ世代」で今季最初に優勝賞金を手にするプレーヤーが、同世代の旗手となるはずだ。

 一方、2歳上となる「黄金世代」では、渋野の他、米女子ツアーを主戦場とする畑岡奈紗や河本結が出場しないなか、翌週に控えたAIG全英女子オープンとの国内外ツアーの"連戦"を強行する勝みなみが、誰よりも勝利への意欲が高い印象だ。