2019.12.24

渋野日向子ら躍進の「黄金世代」
7名が振り返る2019年と来季の野望

  • 古屋雅章、柳川悠二●取材・構成 text by Furuya Masaaki,Yanagawa Yuji
  • photo by Getty Images

渋野日向子(21歳)
しぶの・ひなこ/1998年11月15日生まれ。岡山県出身。
2019年シーズン賞金ランキング2位(獲得賞金:1億5261万4314円)。
出場31試合。優勝4回。トップ10入り15回。

 2019年を振り返ってみれば、国内4勝に(海外メジャーの)全英女子オープン優勝と、「100点」以上の一年だったことは間違いないんです。だけど、全英から帰って来て2戦目の、NEC軽井沢72トーナメント最終日の最終18番で、決めれば優勝のバーディーパットを外して......。結局、3パットしてしまって、優勝できなかった悔しさは残っています。あえて、自己採点は「98点」にしておきます。

 昨年の秋から冬にかけて、QT(クォリファイングトーナメント)受験で四苦八苦していたことを考えたら、この一年は想像すらできなかった経験をたくさんさせてもらいました。いろいろな方と出会えて、支えてもらいながら、何度も優勝することができた。だから、賞金女王をあと一歩で逃した悔しさはまったくないです。

 このオフは、来季に向けた体作りに励むとともに、クリスマスイブにはトレーニング後に、親知らずを抜く予定です。今の時点では痛みなどはありませんが、いつかゴルフに支障を来すかもしれませんから。

 技術的な課題はアプローチ。まだまだバリエーションが少ないです。それに、ショットも縦の距離がなかなか合わないし、左右にぶれる当たりも多い。パッティングも最終戦(LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ)では決めたい距離が決められず、真っ直ぐのラインがかすりもしないケースが多かった。その辺りも、オフにしっかり練習しないといけないかな。

 2020年の目標は......今は、東京オリンピックのことしか考えていなくて、正直、そのあとのことは考えていません。もちろん、来季の開幕までには長期的な目標も、青木(翔)コーチと相談して決めますが、東京オリンピックは自国開催ですし、出場するだけじゃなく、金メダルを獲りたいです。