2019.12.25

女子ツアーを盛り上げた実力派
5人が語る2019年の反省と新たな決意

  • 古屋雅章●取材・構成 text by Furuya Masaaki
  • photo by Getty Images

松田鈴英(21歳)
まつだ・れい/1998年1月24日生まれ。滋賀県出身。
2019年シーズン賞金ランキング32位(獲得賞金:3767万4257円)。
出場34試合。優勝0回。トップ10入り7回。

 今シーズンは、9月の後半から成績が悪くなって、予選落ちが多くなってしまったことが反省点でした。成績が出なくなった原因は、アプローチとパッティングです。

 それらの悪いところは、自分なりにわかっているので、その辺はオフの間にしっかりと克服していきたい。アプローチは、ちょっと難しいウエッジを使っていたので、それを替えてからはよくなってきたので、来季は大丈夫だと思っています。

 昨季の賞金ランキングが11位だったので、今季はベスト10入りを目標にしていたんですけれど、全然ダメでしたね。それも、アプローチとパッティングの練習を横着していた部分があったと思うので、そこは反省しています。あと、初優勝も目標だったので、それが達成できなかったのも反省点です。

 同世代がドンドン優勝をしていて、それはすごくいい刺激にはなっているんですけど、逆に焦った部分もあったので、それでペースを崩す、ではないですけど、(自分の中で)よくない流れになってしまったなと思います。でも今は、あまり焦らずにやれればいいかなと思うようになりました。

 来季は、優勝することが一番の目標です。オフは、昨年と同様、鹿児島で合宿をして、暖かいタイで調整ができたら、と思っています。