2019.08.27

藤田光里の意外な一面を見た
「アイドルが好き。ライブも行きますよ」

  • 古屋雅章●取材・構成 text by Furuya Masaaki
  • 甲斐啓二郎●撮影 photo by Kai Keijiro

藤田光里インタビュー(後編)

「大型新人」と騒がれてツアー参戦を果たして以降、ここまで紆余曲折あった藤田光里(24歳)。今回は、そんな彼女の知られざる”素顔”に迫る――。

――2013年に受けたプロテストで一発合格。同年のQT()も1位で突破して、新人戦の加賀電子カップも優勝。鳴り物入りでツアー参戦を果たすなど、プロ生活のスタートはとても順風満帆に見えました。
※クォリファイングトーナメント。ファースト、セカンド、サード、ファイナルという順に行なわれる、ツアーの出場資格を得るためのトーナメント。現在はファイナルQTで40位前後の成績を収めれば、翌年ツアーの『リランキング』までの大半の試合には出場できる。

「実際のところ、私の中ではプロテストに受かったことも、びっくりだったんですよ。『オッ、一発で受かった!』って感じで。それで、その年のQTでも1位になって、レギュラーツアーの出場権を獲得できたことも驚きでした。翌年(2014年)のレギュラーツアーも、自分ではまだまだ予選を通過できるような選手だとは思っていなかったのに、賞金シードが獲れて……。ツアー2年目でフジサンケイレディスクラシックを勝っちゃった時には、『あ~、もう目標達成しちゃった』みたいな感じになっていました。

 だから、その後の1、2年の間は、目標が見つからなかったんです。何を目指してがんばればいいのか、わからなくて……。そうしているうちに、ヒジが痛くなって……。なんか、そういう大きな波に乗って、今、こういうふうになっています(笑)」

――「大型新人」と称されて、デビュー当初から騒がれ、注目されていました。そういう環境にあったことは、どう思っていますか。

「重荷ではないんですけど、もともとジュニアの時代から期待されるのが苦手というか……。何だろう……、『自分はそういう(注目されるような)感じじゃないんだよなぁ』という違和感みたいなものがあって、(自分の中で)常に葛藤がありましたね。

 ありがたいことなんですけど、当時は取材の量とかも多くて、それがプレッシャーになっていって……。『がんばります!』『優勝します!』と言って、自分を奮い立たせるタイプの人もいますけど、私はそれが、自分に対してのプレッシャーになってしまうというか。