2019.08.26

藤田光里を立ち直らせた父とのSNS
「ゴルフをやめるか迷っていた」

  • 古屋雅章●取材・構成 text by Furuya Masaaki
  • 甲斐啓二郎●撮影 photo by Kai Keijiro

藤田光里インタビュー(前編)

左ヒジの痛みに見舞われて以降、しばらく低迷していた藤田光里(24歳)が今季、復調気配を見せている。ステップ・アップ・ツアーでは優勝を飾って、レギュラーツアーでも第1回リランキングをクリアした。今回、その彼女を直撃し、紆余曲折あったここ数年のシーズンを振り返るとともに、現状についての話を聞かせてもらった――。

――復調気配を見せている今季ですが、シーズン開幕からいい形で入ることができたのでしょうか。

「今季は(当初)ステップ・アップ・ツアーでがんばって成績を挙げて、『QT()をいいところから受けられたらいいな』と、結構ざっくりとした目標で開幕を迎えたんです。そうしたら、ステップ・アップ・ツアーの開幕戦と同じ週のレギュラーツアー、アクサレディス in MIYAZAKIの推薦をいただいて、急きょレギュラーツアーの試合で(今季の)開幕を迎えることになって……。
※クォリファイングトーナメント。ファースト、セカンド、サード、ファイナルという順に行なわれる、ツアーの出場資格を得るためのトーナメント。現在はファイナルQTで40位前後の成績を収めれば、翌年ツアーの『リランキング』までの大半の試合には出場できる。

 それで、自分の中で(気持ちが)アップアップになって、試合会場に行く時から、ドキドキするぐらいなっていて……。だから、試合の時は(落ち着けるように)何となく”ホーム感”を持って臨みたくて、妹にキャディーをお願いしたんですよ」

――常に落ち着いているように見えましたが、意外と緊張するタイプなんですか。

「(緊張)しますよ。表には出ていないのかもしれないですけど(笑)」

――結局、アクサレディス in MIYAZAKIは予選落ちに終わってしまいましたが、レギュラーツアー2戦目のフジサンケイレディスクラシックでは、見事にトップ5入り(5位タイ)を果たしました。

「フジサンケイは『予選通過できたらいいな』という感じで臨んだら、本当に(予選を)通過できて。決勝ラウンドでも『トップ10に入れたらいいな』と思ってやったら、最終的に(5位タイの)いい結果を出せたので、びっくり! みたいな感じでした(笑)。