2019.05.02

【木村和久連載】ゴルフと渋滞。
どうしようもない関係をどう解消するか

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第203回

 ゴルフをやる日って、運が悪いと、朝から晩まで渋滞につかまることがあります。

 まずは、車の道路渋滞がありますよね。ようやく休みが取れてのゴルフですが、観光シーズンともなると、高速道路は大混雑。少子化、高齢化が進み、「車の数が減る」と言われていますが、高速道路は一向に渋滞が解消されません。

 関東では「外環道路開通! やった~!!」と思ったら、その外環が混むし……。千葉方面は「アクアラインですいすい」と思いきや、そのアクアラインでは帰りの渋滞が凄まじい。ほんと、コースへの行き帰りだけでげっそりです。

 加えて、休日となると、ゴルフ場の”渋滞”も半端ないです。あるとき、ロングホールにカートが4台も入って、延々と渋滞が続くのを見ました。

 そうやって、朝から晩まで14時間ぐらい渋滞に巻き込まれて、しかも高いプレー料金を払って、ゴルフの何が楽しいのやら……。

 そんなわけで、今回はそういう思いをしないためにも、渋滞に対してささやかな抵抗を試み、対策を練ってみたいと思います。

◆まずは道路の渋滞対策
 車で行くことが決まっている場合は、予定よりも1時間ぐらい早く出て、現地でゆっくり休むしかないです。

 いいですか、「渋滞は加速度的に進む」。これを覚えておかないといけません。朝6時に出発すれば、現地に7時に着きます。でも、朝7時に出発したら、現地に着くのは9時です。

 朝は、時間が経てば経つほど、混雑がひどくなるのは当たり前。だから、渋滞エリアのゴルフ場には、早く出発したほうが得です。

 とはいえ、前日に寝るのが遅かったりすると、あまりに早い出発では睡眠不足になる場合があります。そういう方は、車中泊をするのがいいでしょう。

 夜遅くには家を出てしまって、都心部を突っ切って、運転疲れで眠くなる深夜1時頃、どこぞのサービスエリアとか道の駅などで車中泊をすれば、効率よく眠れます。

 もちろん、車内をフラット仕様にするとか、背中が痛くならないマットを敷くなどの手間はかかります。けど、すごく疲れて眠るので、睡眠は深いと思いますよ。

 季節的には、今ならエアコンなしでもいけるはず。試してみてはいかがでしょうか。