2019.05.03

可愛すぎる女子プロ、森美穂の今。
「ツアー優勝は絶対に諦めない」

  • 金明昱●取材・文 text by Kim Myung-Wook
  • photo by Getty Images

「可愛すぎる」「美人すぎる」と騒がれたのは、いつのことだったか。最近は、その名前をすっかり聞かなくなった。

 森美穂(26歳)のことである。

 1992年生まれで、同学年にはレギュラーツアーで活躍するプロがたくさんいる。成田美寿々をはじめ、福田真未、葭葉ルミ、香妻琴乃、青木瀬令奈ら、ここ数年の間、女子ツアーを引っ張ってきた”中堅”世代だ。

 森は今、そこからポツリと取り残された感がある。

厳しい状況にある森美穂 アマチュア時代から「美少女ゴルファー」として脚光を浴び、2015年に念願のプロテストに合格すると、「美人プロ」としてあらためてその活躍が期待された。ただそれは、容姿だけでなく、アマチュア時代からの実績があるからだ。

 2005年から中部ジュニア(12歳~14歳の部)で3連覇を達成。2007年からはナショナルチームの一員としても活躍し、2009年には日本ジュニア選手権(15歳~17歳の部)も制している。そして、プロツアーに出場した際には、何度となく予選突破を果たしてきた。

 そんななか、やや歯車が狂い始めたのは、2011年にアマチュア資格を放棄してプロ宣言してからだ。TPD(単年登録)によって2013年からツアーに参戦するも、思うような結果を残せず、レギュラーツアーと下部のステップ・アップ・ツアーを行き来する戦いが続いた。

 その間、プロテストには4度も失敗している。晴れて合格を勝ち取ったのは、前述したとおり2015年。5度目の挑戦での悲願達成だった。そして、同年のファイナルQTで44位となって、翌年のツアー出場権を得た。

 しかし、実質”ルーキーイヤー”となった2016年シーズン、周囲の期待に応えることはできなかった。31試合に出場するも、開幕から11試合連続予選落ちを喫するなど、トータル23試合で予選落ち。目標の賞金シードを獲得できず、2017年シーズからはステップ・アップ・ツアーが主戦場となった。

 以降、ステップ・アップ・ツアーでも苦しい戦いが続いている。ゴルフがうまくかみ合わない状態が続いて、2018年シーズンにはレギュラーツアー出場4試合のうち3試合で予選落ち(1試合は棄権)。ステップ・アップ・ツアーでも10試合に出場して予選落ち4回、棄権が1回あって、パッとした成績を残せずに終わった。

 それでも、昨季まではプレーする場所があるだけ救いだった。QTランキング306位という今季、レギュラーツアーはもちろんのこと、ステップ・アップ・ツアーの出場さえままならい状況にある。