2019.04.16

タイガー・ウッズが完全復活。
オーガスタには優勝オーラが漂っていた

  • 三田村昌鳳●取材・文 text by Mitamura Shoho
  • photo by Getty Images

 オーガスタの18番ホールは、ハートブレイクヒル(心臓破りの上り坂)である。ティーグラウンドからグリーンの真ん中までの高低差は、なんと20mもある。成績の悪い選手にとっては、つらく、厳しい坂であり、優勝を間近にしている選手にとっては、まさに”花道”となる。

 2019年マスターズ最終日。タイガー・ウッズ(43歳/アメリカ)は、2位のダスティン・ジョンソン(34歳/アメリカ)、ブルックス・ケプカ(28歳/アメリカ)らに2打差をつけての首位で、ここにたどり着いた。

 ファアウェーをグリーンに向かって歩んでいくウッズ。14年ぶりの優勝を目前にしている彼には、次の一打のことしか頭になかっただろう。でも、ギャラリーをはじめ、世界中のゴルフファンにとっては、まさしく感動的な上り坂のシーンとなったに違いない。

 そして、ウッズが最後のウイニングパットを決めると、大歓声がこだました。

マスターズを制して、完全復活を遂げたタイガー・ウッズ「1995年にアマチュアとして初出場し、1997年に初優勝(その後、2001年、2002年、2005年に優勝)。そこから22年後に、またこうやって勝てるとは、感慨深い気持ちですよ。もちろん、苦労もあったからね。ほら、少し髪が薄くなっているだろ?(笑)」

 優勝会見の冒頭。ウッズは、静かに、ゆっくりと自分に話しかけるように語っていた。

 2005年以来、14年ぶり5度目のマスターズ優勝。それは、長い長い時間でもあった。

 膝や腰など、度重なる手術をこなしてきた。その間、スキャンダルにも幾度となく見舞われて、離婚や交通事故での逮捕など、プライベートでの失態も広く取り沙汰された。