2018.12.21

「第2のアン・シネ」ユ・ヒョンジュが
日本でブレイクする日は来るか

  • 金明昱●取材・文 text&photo by Kim Myung-Wook

 2017年の春、日本ツアー参戦を果たしてブレイクした”セクシークイーン”アン・シネ(28歳)に続いて、「第2のアン・シネ」「次世代のセクシークイーン」といった愛称で呼ばれ、韓国で注目されている女子プロゴルファーがいる。

 ユ・ヒョンジュ(24歳)だ。

「次世代のセクシークイーン」として注目を集めているユ・ヒョンジュ 身長172cmという長身のうえ、体のラインを強調したタイトなウエアを着こなす彼女に、ギャラリーの視線は自然と集まる。洗練されたモデルといった雰囲気を醸し出し、一見近寄りがたいイメージがあるものの、愛想がよく、カメラを向けると笑顔を浮かべ、時折ピースサインをして応えてくれる。

 そうして、注目度が増している彼女ゆえ、韓国では当然のように、ウエア契約を結ぶ『マスターバニー』の広告塔に起用されている。また、自身のインスタグラムでは私生活での写真をアップ。そこには、彼女のセクシーな姿もたびたび登場し、そのたびにネットニュースなどを騒がせている。

 おかげで、彼女が試合に出場すれば、多くのカメラマンが彼女の一挙一動を追いかける。そんな選手が日本にやって来れば、日本でも間違いなく注目され、あらゆるメディアで話題となるだろう。

 ただ、容姿だけでなく、実力がなければ、目の肥えた日本のゴルフファンには受け入れられない。

 はたして、その実力、実績のほどはどうなのか。

 2011年にプロとなったユ・ヒョンジュ。2012年の韓国レギュラーツアーでは、賞金ランキング73位に終わった。そして、翌2013年からは韓国の下部ツアーとなるドリームツアーを主戦場としてきた。