2018.06.15

【木村和久連載】朝ドラ好きゴルファーよ、
『半分、青い。』を攻略せよ

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第159回

 NHKの朝ドラ『半分、青い。』を見ていますかぁ~。

 あれ、ほんと面白いですね。ゴルフと何か関係があるのかというと、ドラマの世界がちょうどバブル時代をまたいでおり、ゴルフおやじ世代の直球”ど真ん中”なんですよね。

 永野芽郁(めい)さん演じるヒロインの楡野鈴愛(たれの・すずめ)の祖父、楡野仙吉役を演じている中村雅俊さんは、我が母校・宮城県石巻高校の先輩です。

 中村雅俊さん主演の学園ドラマ『われら青春!』がオンエアされていた頃、私は高校生でした。自分の高校から、こんな芸能人が出ているとは、「ふぎょぎょ~」でありました。それで、こっちは『俺ら東京さ行ぐだ』のリアル版として、中村雅俊さんの背中を追いかけて、上京したのです。

 そうしたなか、中村雅俊さんは美人女優の五十嵐淳子さんと結婚。売れて、大物俳優となった証として、ゴルフ番組も持つようになったのです。当時のテレビ界においては、BS放送もなかったですから、ゴルフ番組のレギュラーを務めることは、”一丁上がり”の証明でもありました。

 そんなわけで、今回は『半分、青い。』と、ゴルフの関係をひも解いていきたいと思います。多少無理やり感があるかもしれませんが、そこは”半分こじつけ”として、ご笑納ください。

(1)半分青いゴルフとは?
 世界的に有名な天才画家、パブロ・ピカソには「青の時代」という、青春期の陰鬱な時期がありましたが、ゴルフにも「青の時代」があるのでしょうか?

 そりゃ、当然ありますよね。

 ラフにボールが入っているのに、スプーンを持っていって打ち損じるとか、グリーンのカラーにボールがあるのに、サンドウェッジで打ってダフるとか。そういうのが、”青い時代”のゴルフと言えます。