2018.06.16

「天気次第で…」全米オープン、
松山英樹に反撃の準備はできている

  • 柳川悠二●取材・文 text by Yanagawa Yuji
  • photo by Getty Images

 テレビカメラの前ではニコニコしながら前向きな言葉を並べていても、ペン記者の前に立てば、仏頂面で、突っ込んだ質問に「そうですね」「わかりません」と、短いフレーズでやり過ごすのは、松山英樹のメディア対応にはままあることだ。

 6度目の挑戦となる全米オープン(6月14日~17日/ニューヨーク州、シネコックヒルズGC)の、予選ラウンド2日間を終えたこの日もそうだった。

 練習ラウンドのときに口にしていたラインの読みづらいポアナ芝のグリーンの印象を訊かれると、「どうなんですかね。わからないです」。決勝ラウンドに向けた課題については、「もう(時間が)遅いんで、帰って寝ます」のひと言。

 テレビの向こう側に数百万人の視聴者がいるのと同様、新聞や雑誌にも多くの読者がいることを強く意識すべきと、常々思っている。

 だが、2日間の内容を振り返れば、この日の”塩対応”も理解できないわけではなかった。

 強風が吹き荒れた初日は午前組で、深いラフ(フェスキュー)、傾斜の強いグリーンに悩まされ、1バーディー、4ボギー、1ダブルボギーの「75」で回り、ホールアウトの段階では90位台の順位に沈んだ。

 一転して風がやんだ2日目は、午後のスタート時点で35位タイと順位を上げていたが、2バーディー、2ボギーとスコアを伸ばせず、通算5オーバー、26位タイと大きくジャンプアップすることはできなかった。