2018.05.12

不仲説から戦友へ。ウッズと
ミケルソンが明かす、それぞれへの思い

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 PGAツアーの、なんとも粋な計らいである。

「第5のメジャー」と言われるプレーヤーズ選手権(5月10日~13日/フロリダ州、TPCソーグラス)の予選ラウンドで、タイガー・ウッズ(アメリカ)とフィル・ミケルソン(アメリカ)が同組でプレーすることになった。

プレーヤーズ選手権の予選ラウンドで同組でラウンドしたウッズとミケルソン メジャー14勝を含めてツアー通算79勝を挙げている42歳のウッズ。片や、47歳のミケルソンも、メジャー5勝を含めてツアー通算43勝をマークしている。

 ミケルソンがアマチュアでPGAツアーを勝ったのは1991年、ウッズがプロに転向したのが1996年。それから、およそ20年以上もの間、紛れもなくこのふたりが”よきライバル”として、華やかなゴルフ界を引っ張り、一時代を築いてきた。

 一時は”不仲説”が取り沙汰されたこともある。ふたりがチームメイトとして参戦したライダーカップやプレジデンツカップでは、夜の卓球大会など宿泊先でチームの仲間同士が打ち解ける時間があっても、「ふたりは口をきかなかった」と吹聴されたりした。

 数字の上では、断然にウッズが勝っている。プロデビュー早々にメジャー制覇を果たして、次々にメジャータイトルを手にしていくウッズに対して、ミケルソンはメジャーでは勝利を挙げられず、「無冠の帝王」と言われる時期が続く。マスターズを制して、ようやくメジャーチャンピオンの称号を得たのは、2004年だった。