2017.11.07

最終日6打差を逆転負け。世界1位
D・ジョンソンに「自滅病」再発か

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 今季最初の世界選手権シリーズ(WGC)、HSBCチャンピオンズ(10月26日~29日/中国・上海)は、トップと8打差の4位タイでスタートしたジャスティン・ローズ(37歳/イングランド)が劇的な逆転優勝を飾った。しかしながら、大会としてクローズアップされたのは、ローズの快進撃よりも、首位を快走していたダスティン・ジョンソン(33歳/アメリカ)が自滅して勝利を逃した、ということだった。

HSBCチャンピオンズで最終日に失速して優勝を逃したダスティン・ジョンソン 3日目を終えて、2位に6打差をつけて単独トップに立ったジョンソン。世界ランキング1位の彼なら、昨年優勝した松山英樹と同じように、最終日もそのまま独走して圧勝するだろうと誰もが思っていた。おそらくジョンソン自身もそう思っていたに違いない。

 だが、最終日のジョンソンはバーディーなしの「77」と、スコアを5つも落として失速。強風が吹き荒れる厳しいコンディションだったとはいえ、前日までとはまる別人のようなプレーだった。

 結果、ローズに8打差を逆転されての”自滅劇”。そんなジョンソンの姿を見ると、ひと昔前の彼を思い出さずにはいられなかった。

 ほんの数年前まで、ジョンソンは誰もが認める実力を持ちながら、大舞台ではその実力を存分に発揮できず、勝つチャンスをことごとく逃してきた。

 2010年、カリフォルニア州のペブルビーチで開催された全米オープンでは、2位に3打差をつけて最終日を迎えたが、そこで「82」の大叩き。メジャー初優勝の好機を生かせなかった。