2017.10.01

丸山茂樹のように、プレジデンツ杯で
「新たなスター」は誕生するか

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 フェデックスカップのプレーオフが終了し、今週はプレジデンツカップ(9月28日~10月1日)が開催されている。舞台となるのは、ニューヨーク・シティのハドソン河を挟んだ対岸にある、ニュージャージー州のリバティナショナルGC。マンハッタンの摩天楼をバックにして、自由の女神のすぐたもとという、なんとも絶景のコースだ。

 2年に一度行なわれるプレジデンツカップは、米国選抜と世界選抜(欧州を除く)が対戦するチーム対抗戦。それぞれ12名の代表選手によって、覇権が争われる。1994年、グレッグ・ノーマン(オーストラリア)の提唱によってスタートし、今年の大会で12回目を迎える。

 過去11回行なわれた大会の中で、世界選抜が勝利したのは1度だけ。オーストラリアのロイヤル・メルボルンGCで開催された1998年大会だった。

 同大会では、トータル20.5ポイントを獲得した世界選抜が11.5ポイントの米国選抜に圧勝したが、その勝利に大きく貢献したのは、日本の丸山茂樹だ。フォアサム(2人1組でひとつのボールを交互に打ち合う)、フォアボール(2人1組で各々自分のボールを打って良いほうのスコアを採用)、シングルスなどで争われる試合に5戦出場し、すべて勝って5ポイントを稼いだ。

かつてプレジデンツカップで活躍した丸山茂樹 当時のオーストラリアにおけるメディアの紙面などを見ると、丸山の活躍ぶりを伝える見出しが大きく1面を飾っている。

<日本から来た無名の選手シゲキ・マルヤマが、ノーマン、アーニー・エルス、スティーブ・エルキントンに代わって主役となった!>