2017.09.17

ビッグボーナス11億円。松山英樹は
米ツアー年間王者になれそうか?

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 今季のフェデックスカップ・プレーオフも、あと2戦。今週のBMW選手権(9月14日~17日/イリノイ州、コンウェーファームGC)と、最終戦のツアー選手権(9月21日~24日/ジョージア州、イーストレイクGC)を残すだけとなった。

 BMW選手権では70名が予選落ちなしでプレー。その結果を含めて、ポイント上位の30名が最終戦に勝ち進むことになる。そして、最後はツアー選手権の結果によって最終ポイントが確定し、年間王者が決定。王者には10ミリオンドル(1000万ドル)、日本円でおよそ11億円という破格のビッグボーナスが与えられる。

 さて、松山英樹(25歳)がこの10ミリオンドルを手にする可能性はあるのだろうか?

年間王者を目指してプレーオフを戦う松山英樹「可能性」という意味では、十分にある。フェデックスカップのポイントランキング1位でプレーオフ入りした松山は、最終戦まで駒を進めることがすでに確定しているからだ。が、現実的にはどうなのか?