2017.09.14

【木村和久連載】テキトーに楽しもう!
「アメリカンゴルフ」のススメ

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第121回

 最近、ようやく五十肩が治って「80台」連発のゴルフができていますが、残暑が厳しくて最後まで体がもちません。8月末になったら大丈夫と思っていたら、結構暑くて参ってしまいました。

 でも、ゴルフがしたい。そこで、折衷案というわけではないのですが、クラブの本数を減らして薄暮のハーフラウンドをプレーすることにしました。

 これが、結構楽しいんです。クラブが少ないと移動は楽だし、ハーフだとプレー時間も短縮できるから、午前中に仕事を片付けられて、いいことずくめです。

 このように簡素化したゴルフをたまに楽しむのは、アリだと思いますよ。そこで、ゴルフはどういう部分を簡素化、簡略化し、あるいは"テキトー化"できるのか、考えてみました。

 ずばり、タイトルは「目指せ! アメリカンゴルフ」。レギュラーコーヒーの話ではありませんが、"薄味な"ゴルフを提唱したいと思います。

 夏場のゴルフで何が嫌かっていうと、他人のボール探しですよね。自分はナイスショットしたけど、同伴メンバーが林へボールを打ち込めば、ボールを探さざるを得ません。

 タオルで汗を拭いながらボール探しをするけれど、そういうときに限って、短パンにショートソックス姿だったりするものですから、虫に刺されたり、草負けして足が腫れてしまったり......ということに。この不条理な感情を誰にぶつければいいのやら......です。