2017.06.17

全米OP、松山英樹が一気に優勝争いへ。
2日目のヒデキは別人だった

  • 柳川悠二●取材・文 text by Yanagawa Yuji
  • photo by Getty Images

 2オーバーの82位タイと出遅れ、「最悪です」の言葉を吐き捨てた全米オープン初日のラウンドからおよそ24時間。大草原の中に切り拓かれたエリンヒルズGC(ウィスコンシン州ミルウォーキー近郊)には、まるで別人の松山英樹がいた。

難しいパットもことごとく決めて一気にスコアを伸ばした松山英樹 とにかくショットが真っ直ぐ飛んだ。同組のリッキー・ファウラー(28歳/アメリカ)はおろか、飛ばし屋の若手ジョン・ラーム(22歳/スペイン)をオーバードライブし続け、フェアウェーをキープし続けた。

 アプローチもピンに絡み、前半だけで6つのバーディーを重ねて、あっという間にリーダーボードに名を連ねた。

 初日に7アンダーをマークし、首位に立ったファウラーに対し、「あれだけ真っ直ぐ飛んで、パターが入れば、それぐらいのスコアは出る」と話していた松山だが、2日目はまさに松山がその状態だった。

「まあ、満足するところはないですけど、しばらく結果が出ていなかったので、今日はよかったと思います」

 メジャー大会のベストスコア「63」も視界に入った後半に入り、11番で約1mのバーディーパットがカップに嫌われると、12番では初めてティーショットがフェアウェーを外れた。セカンドカットからの2打目はグリーンの奥にこぼれ、3打目も寄せきれない。しかし、難しい傾斜を読み切ってパーセーブすると、13番で7つ目のバーディーを奪う(通算5アンダー)。