2016.07.07

ラスト1枠は大山か宮里か渡邉か。
五輪出場をかけて全米女子OPで激突

  • 武川玲子●文 text by Takekawa Reiko
  • photo by Getty Images

 今季の女子メジャー第3弾、全米女子オープンが現地7月7日(~10日)に開幕する。

 今年の開催コースは、カリフォルニア州北部のサンマーティンにあるコルデバレーGC。サンフランシスコから南へ1時間あまり、近くにはIT企業が集まるシリコンバレーがある郊外に立地する。そんな都会の喧騒から少し離れた場所には、のんびりとした丘陵地が広がっていて、コースはその丘陵地のガーリック畑やワイナリーに囲まれた中にある。

 同コースは、ロバート・トレント・ジョーンズJrが設計。開場は1999年と歴史は浅いが、かつて男子のPGAツアー、フライズ・コムオープンが開催されてきたタフなコースだ。

 距離は長く、全長6784ヤード(パー72)。グリーンは大きなアンジュレーションと傾斜がある。ひとたび風が吹くと、その難易度はいっそう増す。

 その難コースで行なわれる全米女子オープン。今回は女子メジャー最高峰の戦いというだけでなく、リオ五輪の出場をかけた最後の決戦の場でもある。同大会終了後の世界ランキングによって、出場権を獲得する選手が確定するからだ。

 五輪の出場規定から、日本勢のリオ五輪出場枠はふたつ()。すでにひと枠は、今季米女子ツアー2勝を飾って、世界ランキング22位(7月7日現在。以下同)の野村敏京(23歳)で確定している。熾烈なのは、もうひと枠の争いだ。
※リオ五輪の出場資格を得られるのは、男女とも60名。7月11日時点で(1)世界ランキング上位15名(各国最大4名まで)の選手。(2)16位以下の選手は、1カ国2名が上限(15位以上の有資格者も含む)。日本の女子選手は(2)の条件に当てはまり、日本人選手の中で世界ランキング上位2番目以内に入れば出場権を得られる。