2016.02.16

米ツアー4位。「情けない」と語った岩田寛に頂点は見えているか

  • 武川玲子●協力 cooperation by Takekawa Reikotext by Sportiva
  • photo by Getty Images

 先週、松山英樹(23歳)がウエイストマネジメント・フェニックスオープン(2月4日~7日/アリゾナ州)で米ツアー2勝目を飾った。その興奮が冷めやまぬ中、続くAT&Tペブルビーチ・プロアマ(2月11日~14日/カリフォルニア州)では、今季から米ツアー本格参戦を果たした岩田寛(35歳)が日本中を沸かせた。

 ジョーダン・スピース(22歳/アメリカ)やジェイソン・デイ(28歳/オーストラリア)らトッププレイヤーが集う中、岩田は2日目を終えて首位タイに浮上。最終日もトップと2打差の単独2位で迎え、日本人プレーヤーによる2週連続優勝の期待が膨らんだ。

 しかし、その偉業達成には、あと一歩及ばなかった。岩田は最終日も奮闘し、一時トップに並んだものの、勝負どころの終盤でスコアを落として後退。最終的には、通算14アンダー、4位タイに終わった。

ペブルビーチ・プロアマで4位タイと奮闘した岩田寛「あ~、悔しい。なんか情けない。呆れています、自分の下手さに……。とにかくアイアンショットが酷かった。なかなか思いどおりにショットが打てなくて、耐えることしかできなかった……」

 ラウンドを終えた岩田は、手が届くところにあった優勝を逃したショックに打ちひしがれていた。出てくる言葉は、自らの不甲斐なさと、反省の弁ばかりだった。それでも、米ツアー初優勝を目指して、岩田は十分に健闘した。