2015.06.09

松山英樹、全米オープンでも勝てる「器」を証明した池ポチャ

  • 武川玲子●協力 cooperation by Takekawa Reikotext by Sportiva
  • photo by Getty Images

 ウェルズファーゴ選手権(5月14日~17日/ノースカロライナ州)から2週間の休みを挟んで、メモリアル・トーナメント(6月4日~7日/オハイオ州)に出場した松山英樹。昨季、米ツアー初優勝を飾った舞台だけに、戦前から大いに注目を集め、再度の躍進が期待された。松山はその期待に応えて、初日に「64」(パー72)の好スコアを叩き出して首位発進。2日目以降も粘り強いゴルフを披露して上位争いに加わったが、優勝(ダビド・リングメルト、通算15アンダー)にはあと一歩及ばなかった。4日間通算12アンダー、5位タイに終わった。

連覇を狙ったメモリアル・トーナメントでは惜しくも5位タイに終わった松山英樹。 ディフェンディングチャンピオンとして今大会に臨んだ松山。コース内のあちこちに自身の看板やポスターが張り巡らされ、絶大な歓待を受ける中、大会直前の松山本人のテンションはやや低かった。

「(2週間のオフの間も)練習はしていたんですけど、今の調子が悪過ぎて……。ちょっと大変なことになっているんで、(休みの間に)練習した意味があったのかな、と。グッズ売り場に(自分を含めて)歴代チャンピオンの名前が入ったTシャツとか売っていましたけど、それらを買う元気もないくらい。いいプレイができればいいんですけど、(ディフェンディングチャンピオンとしては)今はちょっとどっかに隠れていたい感じですね(笑)」

 だが、初日はそんな不安を打ち消すような快進撃を見せた。「どこに飛ぶかわからない」(松山)と言っていたショットが好調なうえ、パッティングも冴え渡った。2番、3番と4mのバーディーバットを決めると、後半は11番から14番まで4連続バーディーを奪って「64」をマーク。通算8アンダー、首位タイと、絶好のスタートを切った。