2015.05.26

コウ・ウスンが語る「女子ツアー、韓国人選手が強い理由」

  • 古屋雅章●文 text by Furuya Masaaki
  • 村上庄吾●写真 photo by Murakami Shogo

5月特集 いま見るなら、女子ゴルフ(6)

 日本女子ツアーの2014年賞金女王はアン・ソンジュ。今年も今のところ、イ・ボミがトップを走っている。さらに、日本ツアー初出場でいきなりメジャー大会、ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ(5月7日~10日・茨城GC東コース)を制したチョン・インジや昨年度の韓国ツアー賞金王、キム・ハヌル、ここ3週ベスト10入りのジョン・ジェウンなど、韓国人選手の活躍が相変わらず目立っている。

 この強さの要因は? 素朴な疑問を1994年から日本ツアーに参戦して8勝を挙げ、現在は韓国人選手のよき相談相手になっているコウ・ウスン(高又順)さんにぶつけてみたところ、3つの大きな要因を挙げてくれた。さらには、今シーズンの展望、韓国人選手に対抗できる有望株の日本人選手についても語ってくれた。

現在はレジェンズツアー(45歳以上の女子プロゴルファー を対象としたLPGAシニアトーナメント)で活躍しているコ ウ・ウスンさん

●競争社会

 韓国はものすごい競争社会です。日本でも韓国の受験競争の激しさが報道されますが、その競争を勝ち抜いて、一流企業に入れたとしても、そこでも競争が待っている。生き残りのためには常に『強くなるしかない』のです。子供の頃からそういう教育をされているから、韓国人は勝ち負けにとてもこだわります。

 アン・ソンジュイ・ボミ申 ジエは、ジュニア時代から韓国でもビッグ3として有名で、韓国の試合でマッチプレーなんかで負けたら、家族みんなで林の中で号泣しているんですよ。それくらい韓国人同士のライバル心はすごい。そう、日本は韓国よりも国自体が裕福だし、お互いライバル心を持つような国民性ではないのかもしれないですが、そのあたりが、最後の勝負強さの差になっていると思います。