2015.02.25

【ゴルフ】女子は今季も「ニューヒロイン」が続々登場の予感

  • 古屋雅章●文 text by Furuya Masaaki
  • 小内慎司●撮影 photo by Kouchi Shinji

2月特集 2015年躍動するホープたち(10)

 2014年シーズン、若きヒロインが続々と登場した日本女子ツアー。春先には、当時15歳のアマチュア女子高校生・勝みなみ(16歳)が史上最年少優勝(15歳293日)を遂げて「アマチュア旋風」を起こせば、秋には20歳の鈴木愛がメジャー大会の日本女子プロ選手権で初優勝を飾って脚光を浴びた。他にも、成田美寿々(22歳)がツアー3勝を上げて賞金女王争いに加わる活躍を見せれば、香妻琴乃(22歳)や渡邉彩香(21歳)らが何度となく上位争いを演じて奮闘。個性的な新鋭たちがツアーを盛り上げた。
※文中( )内の年齢は2015年2月25日現在のもの。以下同。

 そして今季も、より多くの若手プレイヤーの躍進が見込まれ、新たな「ヒロイン」誕生ムードに包まれている。

アマチュア時代にもプロツアーで上位争いを演じていた堀琴音。 まず、アマチュア時代からの実績と周囲の期待値からその候補に挙げられるのは、柏原明日架(19歳)堀琴音(18歳)平野ジェニファー(24歳)の3人だ。

 柏原は、ジュニア時代から将来を嘱望される「逸材」と言われてきた。高校2年生のときには、イギリスで開催された男女混合の「ジュニアオープン選手権」で優勝。女子選手としては史上初の快挙を成し遂げた。

 昨季は、アマチュアながらプロツアーで2度もトップ10フィニッシュ。プロとなった今季は、さらなる活躍が見込まれているが、残念なのは、今季のツアー出場権を争う昨年末のファイナルQT()で58位と振るわなかったこと。結果、今季は主催者推薦など、限られた試合にしか出場できない状況にある。
※クォリファイングトーナメント。ファースト、セカンド、サード、ファイナルという順に行なわれる、ツアーの出場資格を得るためのトーナメント。ファイナルQTで40位前後の成績を収めれば、翌年ツアーの大半は出場できる。