2015.02.24

松山英樹が自己分析「不調でも4位になれた要因」

  • 武川玲子●協力 cooperation by Takekawa Reikotext by Sportiva
  • photo by Getty Images

ショットの調子が今ひとつだった松山英樹だが......。 カリフォルニア州リビエラCC(パー71)で行なわれたノーザントラストオープン(2月19日~22日)で、オフウィーク明けの松山英樹が奮闘。最終日に「67」の好スコアをマークして、トップと1打差の通算5アンダー、4位タイでフィニッシュした。今季4度目のトップ5入りを果たし、トッププロとしての貫録を示した松山。賞金ランキングは8位に、フェデックスポイントランキングも9位に浮上した。

「アイアンショットがちょっとずつよくなってきて、その分、(最終日は)チャンスが多くなった。(ボギーだった)8番と14番のプレイをもう一度やり直したい、という思いはありますけど、最後は(17番、18番と連続バーディーで)いい感じで終われてよかったな、と思う。また練習して、次、がんばりたい」

 2週前のファーマーズインシュランスオープン(2月5日~8日/カリフォルニア州)では予選落ちを喫した松山。それでも、2日目にはドライバーショットの調子が戻り、松山本人はいい手応えを感じていた。それが、AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ(2月12日~15日/カリフォルニア州)を休んでいた期間に、ショット、パットともに再び不振に陥ってしまったという。おかげで、試合前日のプロアマ戦後の、松山のコメントは歯切れが悪かった。

「練習での手応え? あれば(練習を)終えていないですよ。(感触がよくないのは)ショット、パット、アプローチ、全部ですね。(オフの間に)うまくいかなくなってきたものを、なんとか立て直していきたい感じです」

 不安を抱えたまま臨んだ初日、10番スタートの松山は幸先よくバーディーを奪ったものの、続く11番でボギー、14番でもボギーとして、なかなか波に乗れなかった。それでも、後半の1番パー5で奪ったイーグルが利いて、「70」をマーク。1アンダー、暫定17位タイと、まずまずの出足を見せたが、松山は不満の色を隠さなかった。