2015.03.03

【ゴルフ】新星・江澤亜弥「鈴木愛に追いつき、追い越したい」

  • 水野光博●取材・文 text by Mizuno Mitsuhiro
  • スエイシナオヨシ●撮影 photo by Sueishi Naoyoshi

2015年女子ツアー「ニューヒロイン」候補(1)
江澤亜弥(えざわ・あや/20歳)

ゴルフに本気になればなるほど
プロになる夢が遠くなっていった

 2014年シーズンも、若手プレイヤーの活躍が目立った日本女子ツアー。なかでも、ツアー本格参戦1年目となる、2013年プロテスト合格組の躍進は目覚ましかった。

 まず、鈴木愛(20歳)が日本女子プロ選手権(9月11日~14日/兵庫県)を制覇。同大会の最年少優勝記録を更新するとともに、ツアー初優勝をメジャー大会で飾るという快挙を達成した。「大型ルーキー」として注目された藤田光里(20歳)も、優勝こそなかったものの、ベスト10フィニッシュを4度記録。賞金ランキング38位と奮闘し、見事今季のシード権を獲得した。さらに「2013年合格組」と言えば、プロテスト合格前から(TPD単年登録者として)ツアーに参戦していた成田美寿々(22歳)がいる。彼女もメジャー大会のワールドレディスサロンパスカップ(5月8日~11日/茨城県)をはじめ、シーズン3勝を挙げる活躍を見せた。

 そして、まもなく開幕を迎える2015年シーズン、新たな「2013年合格組」のひとりが注目を集めている。昨年のファイナルQT(※)を21位で通過し、今季初めてツアーフル参戦を果たすことになる、江澤亜弥(20歳)だ。
※クォリファイングトーナメント。ファースト、セカンド、サード、ファイナルという順に行なわれる、ツアーの出場資格を得るためのトーナメント。ファイナルQTで40位前後の成績を収めれば、翌年ツアーの大半は出場できる。

インタビュー中、終始明るい笑顔を見せていた江澤亜弥。 今季の目標を、彼女はこう語る。

「まずはシード権獲得。そして、1勝したいです」

 3歳からクラブを握る江澤は、「鮮明な記憶じゃないんですけど」と前置きしながら、こう振り返った。

「父が練習に行くのに、『亜弥も行く!』ってついて行ったのが、ゴルフを始めたきっかけらしいです。最初は、うまく打てなかったのが、少しずつうまくなっていったのが楽しかったんだと思います」