2014.09.22

【ゴルフ】成田美寿々「賞金女王? もちろん狙ってます」

  • 金明昱●文 text by Kim Myung-Wook
  • photo by Getty Images

 イ・ボミ(26歳)、申ジエ(26歳)、アン・ソンジュ(27歳)と、韓国人選手が台頭している今シーズン。日本人選手で唯一、彼女らと互角に渡り合っているのが、成田美寿々(21歳)だ。

今季はすでに3勝を挙げて、賞金ランク4位(9月21日現在)の成田美寿々。 今季は、国内メジャー第1弾のワールドレディス・サロンパスカップ(5月8日~11日/茨城県)で優勝すると、ヨネックスレディス(6月6日~8日/新潟県)、サマンサタバサレディース(7月18日~20日/茨城県)と、早くも自己最高のシーズン3勝を記録。加えて、フジサンケイレディス(4月25日~27日/静岡県)、ゴルフ5レディス(9月5日~7日/岐阜県)、日本女子プロ選手権(9月11日~14日/兵庫県)でも2位に入るなど、頻繁に優勝争いに絡んでいる。

 2012年シーズンにツアー本格参戦を果たした成田は、初年度からツアー優勝を果たし(賞金ランク27位)、2年目も1勝を挙げる(賞金ランク21位)など、能力の高さはもともと認められていた。それにしても今季、これほどの飛躍を遂げられたのは、どうしてだろうか。その理由を尋ねると、成田はひと言、こう語った。

「自信に満ちあふれているからですかね」

 確かに今季の成田は、昨年までとは違って、堂々としたプレイぶりを見せている。はたして、その自信はどこからきているのか。ひとつは、成田が「誰にも負ける気がしない」と自負する、オフのトレーニングにある。

 フィジカルトレーニングでは、とにかく走りまくった。300m、400m走をこなして、30mのシャトルランも「肺が潰れるかと思った(笑)」というまで繰り返した。それが終わってからは、室内でウエートトレーニングをみっちり消化。連日行なわれたそのメニューは、成田のコーチを務める井上透氏が、「おそらく、女子プロでこのトレーニングをこなせる選手は誰もいない」というほどのハードさだった。

 それをやり遂げたことが、何より自信となった。そして、肉体を強化したことによって、「スイングの軸がブレなくなりました」(成田)と、トレーニングの成果が身を持って感じられたことが、さらなる自信につながった。

 そのうえで、ツアー開幕後、すぐに結果が出た。4月のKKT杯バンテリンレディス(4月18日~20日/熊本県)を6位タイでフィニッシュすると、続くフジサンケイレディスで2位タイ、それから2戦後のサロンパスカップで優勝した。おかげで、ますます自信に満ちあふれることができた。