2014.08.05

復調気配の松山英樹「全米プロでも上に行ける」

  • text by Sportiva
  • photo by Getty Images

 ザ・メモリアルトーナメント(5月29日~6月1日/オハイオ州)で米ツアー初優勝を飾った松山英樹。その後、日本人選手初のメジャー制覇に照準を絞って準備を重ね、全米オープン(6月12日~15日/ノースカロライナ州)と、全英オープン(7月17日~20日/イングランド・リバプール)に臨んだが、全米オープンは35位タイ、全英オープンは39位タイに終わった。

WGCブリヂストン招待で12位タイと奮闘した松山英樹。 今季、残るメジャーは現地8月7日から(10日まで)開幕する全米プロ選手権(ケンタッキー州)。世界のトッププレイヤーが集結し、再びハイレベルな戦いが予想されるが、松山の巻き返しはあるのか、注目される。

 その全米プロ選手権を前にして、松山はWGCブリヂストン招待(7月31日~8月3日/オハイオ州)に挑んだ。全英オープンではパッティングに苦しんでいたが、同トーナメントでは松山本人が「いい感じで打てている」と語っていたとおり、安定したパットを披露。週末の2日間でスコアを伸ばして、通算6アンダー、12位タイでフィニッシュした(優勝は、通算15アンダーのロリー・マキロイ)。

 初日、2日目は、ドライバーがやや不安定で苦しんだ。初日はインスタートの10番、11番と、出だしで連続ボギー。14番でもボギーを叩いて早々に3つスコアを落とした。しかしその後、なんとか盛り返してトータル「70」のイーブンパー、28位タイで終えた。

「今日は、いいところを探すのが大変。ドライバー以外は、ショットも、パットも、感覚としてはいい感じで打てているんですが、結果につなげられなかった。すごくもどかしい感じですね。ドライバー? 前半も後半も、あまり変わらず、よくなかった。ドライバーが(自分には)合わないんですかねぇ……」

 2日目は、初日よりドライバーはよくなったものの、3番と5番ホールでミスをしてダブルボギーを叩いた。3番パー4では2打目を池に落とし、5番パー3では2打目のバンカーショットを1mに寄せながら、そこから3パットを喫した。結局、そのふたホールの結果が響いて、通算1オーバー、36位タイに後退した。

「3番(のダブルボギー)は、欲をかいてミスしてしまった。そういうミスはなくしていかなければいけないと思う。パッティングに関しては、悪くないと思っているし、自信を持って打っているけど、入らない。それで、波に乗れない感じですね。何が原因なのかわからないけど、ストロークを安定させていけばいいのかな……」