2014.07.31

【ゴルフ】好調・木戸愛。「2勝目の呪縛」は解かれるか

  • 野崎 晃●文 text by Nozaki Akira
  • 小内慎司●撮影 photo by Kouchi Shinji

 今季から新設されたセンチュリー21レディス(7月25日~27日/静岡県)で、2日目を終えて8アンダー、3位タイの好位置につけた木戸愛(きど・めぐみ/24歳)。最終日に逆転優勝を狙ったが、結局スコアをひとつ落として、9位タイに終わった。

ゴルフの安定感が増してきた木戸愛。 それでも、今季最高の4位タイだった日医工女子オープン(7月4~6日/富山県)、そして5位タイでフィニッシュしたサマンサタバサ・レディース(7月18日~20日/茨城県)に続いて、3戦連続でトップ10入り。5月には3週連続予選落ちを喫するなど低迷していたが、一時の不振からは完全に脱したようだ。が、木戸本人は何ら満足していない。目標とするプロ2勝目が、またもお預けとなったからだ。

「(優勝できなくて)本当に悔しい……。とにかく、悔しいという言葉しか出てきません。最近は、序盤でいい感じでプレイしていても、終盤のチャンスを生かし切れずに失速してしまうことが多いんです。また、練習して”2勝目”を目指します」

 名門・東北高を卒業した木戸は、2008年のプロテストに一発合格。2010年にツアー本格参戦を果たすと、翌2011年シーズンには賞金ランク49位となってシード権を獲得した。その勢いのまま、2012年シーズンにはコンスタントに上位争いに加わるようになって、ついに7月、サマンサタバサ・レディースでツアー初優勝を飾った。以来、モデルのようなスタイルのよさも相まって、一気に脚光を浴びた。さらに、身長172cmという恵まれた体格の持ち主で、関係者からも世界に羽ばたくプレイヤーとして大いに期待された。

 しかし、飛躍が見込まれた2013年シーズン。開幕戦のダイキンオーキッドレディスで3位タイと奮闘したものの、その後の木戸は、優勝はおろか、上位に名を連ねることもままならなかった。シーズン後半は予選落ちも多くなって、賞金ランクは2012年の29位から38位に後退した。