久保建英不在の影響大「こんな時期にアジアカップだなんて!」レアル・ソシエダはダービー完敗

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki

<久保建英の不在が響いて敗北>

 そんな見出しが立つにふさわしいバスクダービーになった。

 1月13日、レアル・ソシエダ(以下ラ・レアル)はバスクの盟主を争うアスレティック・ビルバオとのダービーを敵地で戦い、2-1と敗れている。じりじりと押される展開で2点を奪われ、終盤、ミケル・オヤルサバルが一矢を報いるのがやっとだった。ホームでは久保の活躍で3-0という快勝で沸いたが、打って変わって煮え湯を飲まされた。

 バスクダービーの価値は、日本人が考えているよりもはるかに高い。バルセロナやレアル・マドリード、あるいはチャンピオンズリーグのグループリーグよりも集客が見込める。いわゆる、意地を懸けたビッグマッチだ。そのバスクダービーで久保を欠いて敗れた意味とは?

 久保がアジアカップの日本代表に帯同することが決定的になって以来(日本が決勝に進出すると約1カ月半の離脱になる。スペイン国王杯で勝ち上がった場合は、最大10試合の欠場となる)、ラ・レアルはバックアッパーの補強に動いている。

 パリ・サンジェルマン(PSG)のスペイン代表マルコ・アセンシオ、ウルバーハンプトンのスペイン代表パブロ・サラビア、クラブ・ブルージュのデンマーク代表アンドレアス・オルセンという有力な左利きアタッカーとの交渉が伝えられる。ただ、「久保の代役が務まり、金額的にも獲得可能」という条件を考慮に入れると、かなり難航するだろう。

日本代表に合流、トレーニング中の久保建英photo by MB Media/AFLO日本代表に合流、トレーニング中の久保建英photo by MB Media/AFLOこの記事に関連する写真を見る そもそも、久保と同等のアタッカーは世界でも数人に限られている。「約1カ月半の離脱中だけを埋めてリーズナブル」......そんな都合のいい選手は、率直に言っていない。

 そして久保が唯一無二の理由は、単純に得点力が高いということだけではなく、ラ・レアルの基本戦術と相性がいい点にある。チームメイトとプレーを重ねて、すでに戦術上、欠かせないパーツになっている。攻撃だけでなく、守備でもスイッチを入れられる。高い強度の中で敵を押し込み、コンビネーションで圧倒。ゴールやアシストの数字以上に、チームを引き回しているのだ。

1 / 3

プロフィール

  • 小宮良之

    小宮良之 (こみやよしゆき)

    スポーツライター。1972年生まれ、横浜出身。大学卒業後にバルセロナに渡り、スポーツライターに。語学力を駆使して五輪、W杯を現地取材後、06年に帰国。著書は20冊以上で『導かれし者』(角川文庫)、『アンチ・ドロップアウト』(集英社)など。『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)で小説家デビューし、2020年12月には『氷上のフェニックス』(角川文庫)を刊行。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る