2022.07.20

新生PSGジャパンツアー直前分析。攻撃はMNMトリオのアドリブ優先、守備は不慣れな3バックを採用か

  • 中山淳●取材・文 text by Nakayama Atsushi
  • photo by AFLO

パリ・サンジェルマン真夏の短期集中講座
<第4回>〜ジャパンツアー直前プレビュー〜

 新シーズン開幕に向け、7月5日に始動したパリ・サンジェルマン(PSG)。チーム練習場「カン・デ・ロージュ(オレドー・トレーニング・センター)」でのトレーニング期間を終えたクリストフ・ガルティエ新監督と選手たちは、予定どおり7月17日に来日を果たした。

「(日本での)今回の3試合は、31日にテルアビブ(イスラエル)で予定されているナントとのトロフェ・デ・シャンピオン(フランス・スーパーカップ)に向けた、すばらしい準備になることを願っている」

 来日会見でガルティエ監督がそう語ったように、パリ・サンジェルマンにとって今夏に予定されているウォームアップマッチは、日本での3試合のみ。ジャパンツアー終了後にはフランスカップ王者ナントとのタイトルマッチを経て、8月6日にクレルモンとの開幕戦を戦うスケジュールになっている。

>>第1回はこちら>>「PSG激動の歴史。降格争い、借金まみれ、スポンサーもさじを投げた」
>>第2回はこちら>>「PSGスーパースター列伝。王様ズラタン、ピルロ後継者、ベッカム引退」
>>第3回はこちら>>「PSGの新体制にスター選手も戦々恐々。ネイマールさえも...」

攻撃のタクトを振るメッシ(左)とネイマール(右)攻撃のタクトを振るメッシ(左)とネイマール(右) この記事に関連する写真を見る  そういう意味で、川崎フロンターレ戦(20日/国立)、浦和レッズ戦(23日/埼玉)、そしてガンバ大阪戦(25日/吹田)の3試合は、チームにとって貴重な準備試合。とりわけ新監督の下でチーム戦術も刷新されるため、選手にとっては厚い選手層のなかでポジションを勝ち取るためにも、気を弛められない試合になるだろう。

 気になるのは、ガルティエ監督率いる新生PSGが、どのフォーメーションで、どんな戦術を採用するつもりなのか、という点である。

 そのヒントとなり得るのが、来日直前の7月15日に練習場で行なわれたUSクヴィイー(2部)との新シーズン最初のトレーニングマッチだ。