2022.07.18

PSGの新体制にスター選手も戦々恐々。ネイマールさえもオフを早々に切り上げチームに合流

  • 中山淳●取材・文 text by Nakayama Atsushi
  • photo by AFLO

パリ・サンジェルマン真夏の短期集中講座
<第3回>〜新監督ガルティエはどういう人物か〜

「夢を見ることもひとつだが、別のところには現実もある。おそらく"DREAM BIGGER(より大きな夢)"という我々のスローガンを変えるべき時であり、何より我々は現実的にならなくてはいけない。派手できらびやかになろうとは思わないし、もうそれは終わりだ」

 キリアン・エムバペの電撃残留劇からおよそ1カ月後。地元『ル・パリジャン』紙のインタビューで、パリ・サンジェルマン(PSG)のナーセル・アル=ヘライフィー会長が発したその言葉は、ある意味で衝撃的だった。

 つまり、もう夢を追いかけるだけではなく、しっかりと現実を直視して、新しいPSGを再構築しようというわけだ。

>>第1回はこちら>>「PSG激動の歴史。降格争い、借金まみれ、スポンサーもさじを投げた」
>>第2回はこちら>>「PSGスーパースター列伝。王様ズラタン、ピルロ後継者、ベッカム引退...」

遅刻癖のあるネイマールが早くもチーム練習に参加遅刻癖のあるネイマールが早くもチーム練習に参加 この記事に関連する写真を見る  これまで11シーズンにわたり、湯水のごとくカタールマネーを投下してきたアル=ヘライフィー会長は、たしかにPSGという首都クラブを夢のような豪華メガクラブに仕立て上げた。しかし今回の発言により、これまでの方針が大きく変わることが明らかになった。

 そしてその新方針を象徴しているのが、昨夏にリオネル・メッシ(バルセロナ→)、セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード→)、ジャンルイジ・ドンナルンマ(ミラン→)らを獲得した元鹿島アントラーズのレオナルドSD(スポーツディレクター)に代わり、スポーツアドバイザーとして現場の統括部門に招聘されたポルトガル人ルイス・カンポスの存在だ。

 現役時代からの人脈を生かして「派手できらびやか」なチーム作りを得意とするのがレオナルドだとすれば、カンポスはその真逆。伸びしろのある選手を「安く仕入れて高く売る」ことを得意とする目利きで、世界中に張り巡らされる自慢のスカウト網によってモナコとリールに莫大な収入を与え、財政を潤わせてきた人物である。