2022.07.15

パリ・サンジェルマンを彩ってきたスーパースターたち。王様ズラタン、ピルロの後継者、ベッカムの引退も…

  • 中山淳●取材・文 text by Nakayama Atsushi
  • photo by AFLO

パリ・サンジェルマン真夏の短期集中講座
<第2回>〜スーパースターの系譜〜

 カタール・スポーツ・インベストメント(QSI)がパリ・サンジェルマン(PSG)を買収した2011年以来、クラブは成績、財政規模、ブランディングと、すべての分野において右肩上がりの成長を続けてきた。

 その間、カタール資本化したPSGは「DREAM BIGGER(より大きな夢)」というスローガンの下、多額の投資によって数々のスーパースターを獲得。彼らワールドクラスたちがクラブの成長を後押しした。

 そこで今回は、QSI買収以降の過去11シーズンのなかで、PSGでプレーした主なスター選手たちをピックアップし、どのようにメガクラブ化してきたのかを改めて振り返ってみる。

>>第1回はこちら>>「PSG激動の歴史。降格争い、借金まみれ、スポンサーもさじを投げた」

PSGで同僚だったイブラヒモビッチ(左)とベッカム(右)PSGで同僚だったイブラヒモビッチ(左)とベッカム(右) この記事に関連する写真を見る  まず、初年度の2011--12シーズンの夏の補強の目玉は、パレルモ(イタリア)から獲得したアルゼンチン代表MFハビエル・パストーレだった。PSGがパレルモに支払った移籍金は、当時リーグ・アン史上最高額となる4200万ユーロ(現在のレートで約58億円)。

 ただ、その後7シーズンにわたって在籍したパストーレだったが、センセーショナルな活躍を見せたのは、13ゴールを記録した初年度のみ。逆に、パストーレと同時期に補強した新戦力のなかでチームの中軸を担うようになったのが、イタリア代表GKサルヴァトーレ・シリグと、フランス代表MFブレーズ・マテュイディだった。

 ちなみにそのシーズンの12月には、フランス人OBのアントワーヌ・コンブアレ監督からイタリアの名将カルロ・アンチェロッティに政権交代。さっそく冬の移籍市場でイタリア代表MF チアゴ・モッタ、ブラジル代表DF のアレックスとマクスウェルを補強したが、モンペリエに優勝をさらわれてリーグ2位でシーズンを終えた。