2022.06.22

マイケル・オーウェン、クリスティアン・ヴィエリ、そして審判界のヒーローとヒールはいま

  • 利根川晶子●文 text by Tonegawa Akiko
  • 山添敏央●写真 photo by Yamazoe Toshio

日韓W杯20周年×スポルティーバ20周年企画
「日本サッカーの過去・現在、そして未来」
あのスター選手はいま(3)
(1)を読む>> (2)を読む>>

 2002年、アジアで初めて行なわれた日韓W杯。それは世界のサッカーがぐっと身近になり、ワイドショーで連日、当たり前のように取り上げられた1カ月だった。人々の興味は、初めて見る強豪国のスター選手はもちろんのこと、審判など大会の関係者にも及んだ。あれから20年、彼らはいったいどうしているのだろうか。その現在を追ってみた。

マイケル・オーウェン(イングランド)

 史上初の外国人監督スヴェン・ゴラン・エリクソンに率いられたイングランドは優勝候補の一角とも言われたが、準々決勝でブラジルに敗れた。社交界の華として活躍するデイビッド・ベッカムのニュースは今でもよく聞かれるので、ここではオーウェンの現在を紹介しよう。

 98年フランス大会で、18歳だったオーウェンは当時のイングランド最年少W杯デビューとゴールを記録。2002年大会でも2ゴールを決めた。2013年、選手を引退したが、その後の経歴は異色だ。

 もともと競馬が好きだったオーウェンは厩舎のオーナーになった。故郷のチェシャー州に巨額の費用と時間かけて作った彼の厩舎には、現在100に届く競走馬がおり、なかにはG1を制した馬もいる。

 また、2017年には、自らが騎手となって、アスコット競馬場のチャリティーレースに出場している。それまで競走馬に乗ったこともなかったのを、練習を重ね、体重も落として、見事2位を勝ち取った。レース後にはチャールズ皇太子とカミラ夫人から表彰されている。ちなみに4人いる子どものひとり、ジェマ・オーウェンも馬術競技の選手である。

 もちろんサッカーも忘れてはおらず、多くの番組で試合の解説やパーソナリティーも務めている。

クリスティアン・ヴィエリ(イタリア)

 イタリアの攻撃の中核クリスティアン・ヴィエリ。重戦車とあだ名されるほど、パワフルなプレーで知られる彼は、初戦のエクアドル戦ではいきなり2ゴールをマーク。続くクロアチア戦でもゴールし、この大会では4試合で4ゴールを決めた。