2022.06.18

母国を追われたハカン・シュクル、うつ病を告白のドノバン…2002年の人気者たちはいま

  • 利根川晶子●文 text by Tonegawa Akiko
  • photo by AFLO

日韓W杯20周年×スポルティーバ20周年企画
「日本サッカーの過去・現在、そして未来」
あのスター選手はいま(2)
(1)を読む>>

 2002年、アジアで初めて行なわれた日韓W杯。それは優勝候補と言われたサッカー大国が次々と敗退する一方、新興勢力が力を発揮した大会でもあった。そんな国々からも、魅力あふれるヒーローたちが次々と生まれた。あれから20年、彼らはいったいどうしているのだろうか。その現在を追ってみた。

ハカン・シュクル(トルコ)

 この大会で驚きの躍進をしたのがトルコだった。日本はトルコに敗れて、ベスト8進出を逃している。そのチームの中心がハカン・シュクルだった。

 191センチという長身を活かした破壊力抜群のストライカーで、トルコサッカーの歴史のなかで最も偉大な選手のひとりとされる。3位決定戦では、韓国を相手に開始たったの10.8秒でゴール。これはW杯の最短得点記録として今も破られていない。15年間代表でプレーし、その成績は112試合、51ゴールでトルコ代表歴代最多だ。

 2008年、37歳で現役を引退すると、すぐに政治の世界に身を投じた。彼はかなり以前から「トルコの人々のために引退したら政治に参加したい」と言っていた。その知名度と人気は政界からも歓迎され、旧知の仲だったレジェップ・タイイップ・エルドアン現大統領(当時は首相)に誘われ彼の公正発展党(AKP)に入党、2011年の選挙で国会議員となった。

 だが、しばらくして親イスラム化したエルドアンと意見を異にするようになり、離党。すると脅迫状が届いたり、妻のブティックに石が投げ込まれたりするようになり、身の危険を感じたハカンは2015年故国を離れ、家族とともにアメリカに移住。サンフランシスコでカフェを経営した。

 ただ、故国を思う気持ちは相変わらずで、自分の意見をSNSで発信していた。それがエルドアンの警戒心をおこさせたのか、2016年には大統領を中傷するツイートをしたとして起訴され、4年を求刑された。さらに、トルコでクーデター未遂事件が起こると、彼も関連を疑われ、逮捕命令が出た。母国に残る父は監禁され、トルコに残してきた不動産や銀行にあった資産もすべて没収された。