2021.01.20

欧州サッカー3賢人がCLラウンド16・因縁の対決を徹底分析!

  • photo by AFLO

蹴球最前線──ワールドフットボール観戦術── vol.79

 サッカーの試合実況で日本随一のキャリアを持つ倉敷保雄、サッカージャーナリスト、サッカー中継の解説者として長年フットボールシーンを取材しつづける中山淳、スペインでの取材経験を活かし、現地情報、試合分析に定評のある小澤一郎――。この企画では、経験豊富な達人3人が語り合います。今回は欧州チャンピオンズリーグ(CL)のラウンド16を展望します。

――今回は、お三方にCLのラウンド16を展望していただきたいと思います。バルセロナ(スペイン)対パリ・サンジェルマン(フランス)を筆頭に、今回も興味深い8カードになっていますが、それぞれの見どころを詳しくお願いします。

監督が交代したパル・サンジェルマン。今度はバルセロナに勝てるか<因縁の対決となった、バルセロナ対パリ・サンジェルマン>

倉敷 では、試合日程の順に見ていきましょう。現地時間2月16日に予定されているバルセロナ対パリ・サンジェルマンからです。このカードにはバルサの大逆転劇など様々な歴史がありますから、また何か起こるかも? という面でも注目を集めますね。

中山 パリがカタール資本になって以降、カルロ・アンチェロッティ監督(イタリア)時代(2012-13)とローラン・ブラン監督(フランス)時代(2014-15)に準々決勝でバルサに敗れた歴史もありますが、やはり何と言ってもウナイ・エメリ監督(スペイン)初年度にあたる2016-17シーズンのラウンド16でしょうね。パリがホームでの第1戦に4-0で勝利したあと、第2戦はカンプ・ノウで1-6という奇跡的スコアで大逆転負けした一戦です。

 あの試合でパリは世界中に恥をさらし、ナセル・アル・ケライフィ会長のプライドもズタズタにされました。翌シーズンに法外なマネーを投資してネイマール(ブラジル)とキリアン・エムバペ(フランス)をダブルで強奪したのも、あの1試合が引き金になったわけですから。アル・ケライフィのこの一戦にかける執念は、凄まじいものがあると思います。