リーズが井手口陽介を獲得する理由を、
フロントの藤田俊哉に聞いた

  • 中田徹●取材・文・撮影 text & photo by Nakata Toru

―― ワールドカップ抽選のポット分けもFIFAランキングが基準となります。日本にとっても避けて通れないものになってしまいました。

藤田 日本代表は強くならなきゃいけない――。日本のサッカーにとって、根本はそこなんだよ。オランダにいるときから、そういう視点で日本代表を見ていた。

―― ワールドカップでのポイントは大きいので、ぜひとも日本にはベスト16に行ってほしいですね。

藤田 もちろん! ワールドカップで1勝、もしくは引き分けが結構大事。引き分けもいいけれど、1勝すればグッとFIFAランキングが上がる。ワールドカップの1勝は非常に大きい。これまでも取りこぼしがあったからFIFAランキングを下げている。ハイチと引き分け(3−3/2017年10月)はもったいない。

 ベルギーやブラジル相手に引き分けでもしておけば大きいからね。そのような視点でも日本代表の試合を見ている。

―― ということは、ベルギー戦(0−1/2017年11月)の終盤はパワープレーに徹するなど、何か反撃策を講じる必要もあったわけですね?

藤田 それもあったね。

―― ハリルホジッチ監督としては"準備"に過ぎないかもしれないですが、日本サッカー界からすると、FIFAランキングのポイントはノドから手が出るほどほしかったと。

藤田 基本的に、日本代表の試合に「準備ゲーム」はない。チームの強化もFIFAランキングのポイントも、すべて重要となるから。だから、東アジア選手権の結果は、日本にとってもったいなかったんだ。

◆名波監督も「すごいやつだ」と驚嘆。ジュビロを変えた中村俊輔の存在>>

◆オランダからイギリスへ。藤田俊哉がリーズのフロントに転職した理由>>

■海外サッカー 記事一覧>>

6 / 6

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る