2018.01.02

オランダからイギリスへ。
藤田俊哉がリーズのフロントに転職した理由

  • 中田徹●取材・文・撮影 text & photo by Nakata Toru

藤田俊哉インタビュー@前編

 昨年12月のある日、ファジアーノ岡山アカデミーの研修生、某選手代理人、欧州周遊中のJリーガーが藤田俊哉を訪ねてリーズに集っていた。

「明日のチャンピオンシップ(イングランド2部)の試合は、リーズ・ユナイテッドの仕事として大手商社の方をアテンドだよ」と、藤田は忙しく英国の地で動いている。名刺の肩書は『ヘッド・オブ・デベロップメント アジア』。「リーズのフットボールを発展させて、アジアとリンクさせることが俺の仕事」と藤田は言う。

リーズ・ユナイテッドのフロントで働く藤田俊哉「リーズはプレミアリーグ昇格に向けて、アジアに商圏を展開させたい。それがクラブと会長の考えだから、(自分が)先に布石を打っておく。アジアツアーのパートナー探しとか、中国のスクール展開の場所探しとか。今はその”種”を植えたい、という段階だよね」

―― 藤田さんがオランダに来たのは2014年1月のこと。最初の半年はトレーニー(研修生)でしたが、2014-2015シーズンから3年、VVVフェンロのコーチを務めました。まずはVVV退団の背景から教えてください。

藤田俊哉(以下:藤田) オランダで監督を目指して3年半。アシスタントコーチ(ヘッドコーチ)までは順調に進むことができた。2016-2017シーズンにはVVVフェンロのU23監督のオファーをクラブからもらった。

 そこで問題となったのが、UEFAプロライセンスとAFCプロライセンス(S級ライセンス)の互換性についてだった。日本サッカー協会からもレターをもらい、オランダサッカー協会と交渉に入った。しかしその回答は、「検討するが、現状では互換性は認められない。再度VVVフェンロでのコーチ実績を考慮して検討する」という厳しいものだった。