2017.12.11

香川真司もビックリ仰天?
ドルトムントが新監督を謎起用で迷走続く

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by TF-Images/Getty Images

 いつあってもおかしくなかったドルトムントの監督交代が、12月10日、発表された。ペーター・ボスが解任され、ケルンを解任されたばかりのペーター・シュテーガーが指揮をとることになった。

 実質的に2カ月以上勝てていないボスと、14試合して勝ち点3しか取れなかったシュテーガー。ちょっと前まで、現地メディアは「2人のペーターの行方はどうなる?」と、面白おかしく伝えていたものだが、まさかの"玉突き"人事が現実に。パズルのピースを無理やり当てはめたような印象を受けざるを得ない。

 ここ数試合、ドルトムントの試合後の取材現場における混乱はこれまでもお伝えしてきた。香川真司はチャンピオンズリーグ(CL)のトッテナム戦、シャルケ戦と、テレビ中継以外のメディア対応を行なわず、CLレアル・マドリード戦後は取材を突然、切り上げさせられた。

ドルトムント監督を解任されたペーター・ボス(右)と香川真司 12月9日、ブレーメンに1-2で敗れた後も、この試合にフル出場し、話をしたそうなそぶりの香川を広報担当者が制していた。この日もドイツメディアに対応をしていたのはマルセル・シュメルツァーとアンドレ・シュールレだけ。ブレーメン戦には普段は目にしないような記者も多数訪れており、クラブに何かしら動きがあることは想像がついた。