2017.12.12

「内容はどうでもいいから勝つ」
本田圭佑のメンタリティが浦和にほしかった

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by Etsuo Hara/Getty Images

 現在、UAEで開催中のクラブW杯において、浦和レッズとともに注目を集めているのが、本田圭佑である。

 久しぶりにリアルタイムで、本田のプレーを目にするという日本のファンも多いのではないだろうか。

北中米カリブ海王者パチューカでプレーする本田圭佑 本田を擁する北中米カリブ海王者のパチューカ(メキシコ)は、12月9日に行なわれた準々決勝で、延長の末にウィダード・カサブランカ(モロッコ)を1-0で下した。次戦は現地12月12日(※日本時間12月13日未明)、準決勝で南米王者のグレミオ(ブラジル)と対戦することが決まっている。この勝ち上がりにより、幸いにしてパチューカの試合は、あとふたつ見られることになったというわけだ。

 本田は120分間フル出場したウィダード戦を終え、まずは外国人記者を相手に英語での取材に答えると、「英語ではここまで深い話はできないので」と、日本語での会話を楽しむかのように、日本人記者の質問に答え始めた。

 そんなやり取りのなか、興味深かったのは、本田が今大会の特殊性について語ったくだりである。