2017.12.10

原口元気、屈辱の「敗戦処理」。
ヘルタでの冷遇にいつまで耐えるのか

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • photo by Getty Images

 UEFAヨーロッパリーグのグループリーグ最終節が行なわれ、グループJのヘルタ・ベルリンは、エステルスンド(スウェーデン)と1-1で引き分けた。この結果、エステルスンドは勝ち点11の2位でラウンド32(決勝トーナメント)へ進出。一方のヘルタは、勝ち点5の最下位でグループリーグ敗退に終わった。

約1カ月ぶりにスタメン出場を果たすも、ノーゴールに終わった原口 とはいえ、ヘルタのグループリーグ敗退は、すでに前節終了時点で決まっていた。この試合はヘルタにとって”消化試合”だったわけだが、幸か不幸か、そのことが原口元気におよそ1カ月ぶりとなる公式戦出場の機会をもたらした。

 原口の試合出場は、ヘルタに限れば11月2日のELアスレチック・ビルバオ戦以来。それ以降は、11月10、14日に行なわれた日本代表の2試合(ブラジル戦、ベルギー戦)のみだった。

 エステルスンド戦に左MFで先発出場した原口は、前半から積極的に得意のドリブルで仕掛け、チャンスを作った。また、守備での貢献も見逃せないものがあり、プレスバックからボールを奪うシーンも多かった。出色の、とまでは言えないまでも、80分に途中交代するまでに見せたパフォーマンスは、今季開幕以来、パル・ダルダイ監督から”冷遇”を受け続けてきた原口にとって、自身の存在価値を示すに足るものだったはずだ。