田中聡の理想像は湘南の先輩・遠藤航 アンカーとして殻を破るためのカギは『お前からチームに発信しろ』

  • 原田大輔●取材・文 text by Harada Daisuke

湘南ベルマーレMF
田中聡インタビュー(後編)

◆田中聡・前編>>U-23日本代表メンバーとの差「素直にメンタルがすごい」

 グループステージ第3節のU-23韓国代表戦のみの出場に終わったU23アジアカップで、田中聡は同ポジションでプレーする選手たちから「大舞台でもパフォーマンスが出せるメンタリティー」を実感した。

 自信、あるいは自負とも置き換えられる精神力の強さは、彼自身がここまでのキャリアで痛感してきたものだった。

「大切なのは、メンタルです」

 インタビュー中、まるで合言葉のように繰り返したのも、時には自信を持つことで、場合によっては自負を抱くことで、彼自身が成長してきたからだった。

田中聡にパリ五輪前の心境を語ってもらった photo by Sano Miki田中聡にパリ五輪前の心境を語ってもらった photo by Sano Mikiこの記事に関連する写真を見る 生まれ育った長野県を離れ、15歳で湘南ベルマーレの育成組織に加入した田中が、トップチームでデビューを飾ったのは、まだ高校3年生の2020年だ。

 湘南U-18で指導を受けていた浮嶋敏監督(当時)が前年途中からトップチームの指揮官に就任していたこともあり、田中は試合に臨むメンバーに抜擢される。新型コロナウイルス感染症の拡大により中断されていたリーグ戦が再開して間もない7月8日のJ1第3節、横浜F・マリノス戦だった。75分に齊藤未月(現ヴィッセル神戸)と交代すると、ピッチに立った。

「ボールを持ってもそんなに慌てることもなかったし、攻撃でも積極的にプレーできました。でも、守備はフィジカルも含め、まったく強度が足りなかった。たった15分なのに、かなり試合中にバテましたから。ボールを奪えないし、かといってボールに寄せても簡単にはがされてしまう場面もありました」

 ユースになり、守備に自信を持ち始めていただけに、なおさらだった。

 さらなる手応えを掴んだのは、先発したJ1第19節の川崎フロンターレ戦だ。試合は敗れたものの、この年リーグ優勝する相手に3バックの一角として1失点に抑えたことに、確かな感触があった。

「DFの選手が何人も負傷して、チームとしては苦しい状況で先発に抜擢されたんです。実際、試合をしてみたらフロンターレを相手に、攻撃でも、守備でも通用した感覚を得られて、楽しむことができたんです。そこからコンスタントに出場機会を得られるようになったんですけど、その時は自信を持ってプレーできていました。3バックですからね。今、思うとよくやっていたなって(苦笑)」

1 / 5

プロフィール

  • 原田大輔

    原田大輔 (はらだ・だいすけ)

    スポーツライター。1977年生まれ、東京都出身。サッカー専門誌『ワールドサッカーグラフィック』の編集長を務めたのち独立。Jリーグを中心に取材し、各クラブのオフィシャルメディアにも寄稿している。主な著書に『愛されて、勝つ 川崎フロンターレ「365日まちクラブ」の作り方』(小学館クリエイティブ)など。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る