名良橋晃の2023年J1順位予想&全チームレビュー。降格1枠で「それぞれのチームカラーを出しやすい」シーズンを制するのはどこか

  • 篠幸彦●取材・文 text by Shino Yukihiko
  • photo by AFLO

【柏、鳥栖は選手入れ替えのなか今季はどうなるか】

 柏レイソルはいい守備というベースがあるなかで、DF上島拓巳やDF大南拓磨など、うしろの主力を抜かれてしまった。そこに対してDF片山瑛一、DF立田悠悟、DFジエゴを補強したが、どれだけチームと噛み合うか。個人的にはMF山田康太の活躍は必要不可欠だと感じていて、J1でも十分通用すると思うので期待している。

 サガン鳥栖は中盤の要であったMF小泉慶の後釜にMF河原創が加入した。ロアッソ熊本で抜群の存在感を示したが、どれだけチームの色にアジャストしていくか注目している。毎年選手の入れ替わりが多いなかで、川井健太監督はスタイルにはめるより選手のよさを引き出すようにマネージメントできる指揮官。今季もどんなチームになるのか楽しみだ。

 ガンバ大阪はダニエル・ポヤトス新監督になって新しいスタイルを目指すと思うが、今季はJ2降格が1枠なため、安定感には欠けるかもしれないがチャレンジしやすいだろう。新戦力のFWイッサム・ジェバリがどれだけ得点できるか。それから新キャプテンとなったFW宇佐美貴史が、ケガなくフル稼働できるかにかかっているだろう。

 湘南ベルマーレに足りないのは得点の部分だけ。守備面は昨季失点39と非常にいい守りができていた。強度の高い守備から前に出ることはできるので、あとはフィニッシュ。FW町野修斗やMF阿部浩之、新加入のFW山下敬大がどれだけ結果を残せるかに注目したい。

 ヴィッセル神戸は相変わらずタレントは豊富で、吉田孝行監督のマネージメント次第だ。ただ、影響力の強いアンドレス・イニエスタ、セルジ・サンペールの稼働率が読めないのは不安材料。若手の成長による底上げが求められるシーズンになるだろう。

 北海道コンサドーレ札幌はミハイロ・ペトロヴィッチ監督6年目で、どこが相手でもスタイルは変わらない。戦力的にはMF高嶺朋樹が抜けた穴にはMF小林祐希を補強できたけれど、前線はやや層が薄くなった印象。MF浅野雄也やMFスパチョークのフィットが遅れれば苦労しそうだ。

 アルビレックス新潟も札幌同様、自分たちのスタイルというものが不動のチーム。しっかりとボールを握りつつ、ハードワークもできるという一体感はJ1でも通用するはず。課題はJ2とはレベルの違う相手の攻撃に対して、守備のところでどれだけ我慢ができるかになるだろう。

4 / 5

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る