名良橋晃の2023年J1順位予想&全チームレビュー。降格1枠で「それぞれのチームカラーを出しやすい」シーズンを制するのはどこか

  • 篠幸彦●取材・文 text by Shino Yukihiko
  • photo by AFLO

【若手の成長+戦力アップ成功のセレッソ大阪】

 優勝はセレッソ大阪と予想している。昨季はタイトルを獲れなかったけれど、リーグでは5位と上位に食い込み、ルヴァンカップ準優勝と結果を残した。チームに自信をつけながら若手も成長著しいシーズンを送った。

 そのなかで、昨季優勝争いをした横浜F・マリノスや川崎フロンターレと比べて、得点力に課題があった。それに対してMF香川真司の帰還やMFジョルディ・クルークス、FWレオ・セアラの獲得など、前線の戦力アップに成功した。あとは小菊昭雄監督のチームマネージメントがブレなければ、十分優勝に届くと思っている。

 昨季王者の横浜F・マリノスはケヴィン・マスカット監督3年目でベースは強固だとはいえ、FW仲川輝人、FWレオ・セアラが離れ、GK高丘陽平も移籍が決定的と多くの主力流出が不安材料としてある。

 獲得したDF上島拓巳、J2組のFW植中朝日、MF井上健太ら新戦力が、どれだけチームと融合し、戦力の上積みとなれるか。選手層を保てれば今季も優勝争いの一角であることは間違いない。

 鹿島アントラーズは獲得した新戦力を見るに、クラブとしての危機感、本気度が伺える。とくにDF昌子源、DF植田直通という鹿島を知る2人の補強は大きく、鹿島らしいいい守備が戻ってくれば、おのずと結果はついてくると思っている。

 あとはFW鈴木優磨を中心に、どれだけ得点というところにフォーカスして、結果を出せるか。FW知念慶やFW垣田裕暉、FW染野唯月がチームにフィットし、MF荒木遼太郎の復活はマストだと思っている。それがあれば優勝争いに絡むだけのポテンシャルはある。

2 / 5

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る