J1残留サバイバルは最下位からの逆転も可能。「降格4枠」から抜け出すチームは?

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • photo by Getty Images

 ここまでの得点数を見ていくと、柏と清水が31で、8チームのなかでは最も多い。続いて湘南の30で、G大阪、徳島、横浜FCの3チームが25、続いて仙台の24となっている。最も少ないのは21得点の大分。直接対決が多いにもかかわらず、得点が奪えずに勝ちきれない......そんな状況が続いてしまうと、いよいよ危険水域に達してしまうかもしれない。

 もちろん、残留争いのポイントはこれだけではない。監督の采配力や選手のコンディション、チームの一体感、あるいは運といった要素も加わってくる。ただし、先の見えないサバイバルレースは、おそらく最後の最後までもつれるだろう。今季の最終節は12月4日に開催される。果たして、8チームに待ち受ける運命は、いかに。

4 / 4

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る